読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーOL悲喜こもごも。

アラサーというかどんサー(30歳)OL。独身モラトリアムを謳歌するアラサーOLの日記です。

岡田斗司夫先生×はあちゅう【彼氏三人理論講義】で女は安定するのか/非モテは黙って三河屋営業?

f:id:nyankichitter:20140717215752j:plain

 

わたしの行く末を心配してくれたのか、ある方からLINEが届く。

「この記事、にゃんきちったーさんにいいんじゃないかと思って」

 

岡田斗司夫先生による【彼氏三人理論講義】 : はあちゅう主義。

 

・・・かたじけない。

 

面白いのだけど、とても長いので(友だちにリンク送ったら「読めるかい!」って付き返された。そうかわたしはヒマなのか。)、概要は掲題の通り「彼氏三人作るのがいいですよ」というお話です。

大分中略が入りますが、内容は下記の通り。(太字・アンダーラインはわたしが編集してます) 

 

【以下引用】

#彼氏3人理論実践編

岡田 はあちゅうさん、好きなタイプはどんな人なんですか?


はあちゅう すっごい自分のことを好きでいてくれて、グイグイ来る強引な人で、男らしい人。包み込んでくれるような。

岡田 じゃあ、それが1人目の彼氏です。それがもう既に居るとしたら、2人目の彼氏はどんな人ですか?

はあちゅう えー?

岡田 ほら、これが彼氏3人理論ですよ。これで3人目まで考えるんです。

はあちゅう じゃあ2人目は、とにかく新しい世界を見せてくれて、1人目の彼氏のほうが私のことを好きだとしたら、2人目は同じぐらいの容量が好きな人。気持ちが同じ。

岡田 2人目は、自分と同じぐらい好き?

はあちゅう 私と同じぐらい私のことを好きでいてくれて、新しい世界を見せてくれて、しゃべっていても楽しい人。話が面白い人。で、3人目の彼氏は、そこにないものっていったらもうあんまり思い浮かばないかも。

岡田 リアルに考えてくださいね。1人目の彼氏はもう居るんですよ。まず1人目の彼氏が居て、本当に1人目の彼氏が居たら、2人目のこの彼氏でいいんですか?

はあちゅう はい。

岡田 いいんですね。すごい自分を好きで包み込んでくれて男らしい彼氏が居るんだけども、それに内緒でっていうか、時々会うのが、自分と同じぐらい自分のことを好きで、相手と同じぐらい自分のことが好きで、新しい世界を見せてくれて、話が面白い人。

(中略)


岡田 1番目は、ひたすら自分に都合がいいですよね。で、2番目は楽しいですよね。じゃあ、都合いい、楽しいの、次は何ですか?

(中略)
岡田 ポイントは三つそろえることであって、どれかをよくすることじゃないんです。なので、1人に絞り込むのが難しいんです。だって、この三つの要素を兼ね備えようとしたらしんどくなりますよ。

はあちゅう 無理ですよね。居ないですよね。

(中略)


#「彼氏三人理論」はみんなが幸せになる方法!?

 (前略)

岡田 じゃあ、3人で安定してるというふうに思ってないから結婚したいと思うんじゃないですか? だって、この中で結婚するんだったらどれですか?


はあちゅう 1番ですね。

岡田 間違いです。2です。

はあちゅう えっ、なんで?

岡田 1は常に、いいやつが現れて交換可能だからです。2は交換が難しい。

はあちゅう えー、なんでなんで?

(中略)
岡田 1は常に、自分の立場変わるにつれてもっといいやつと会うんですよ。

でも、2は付き合ってる年数分、自分との適量が合ってるから、これって家族っぽくなっていくんですよ。いわば女の友達で、大学とか高校と変わるたびに変える友達と変えない友達が居ますよね。ここは変えない友達タイプ。

で、この3なんて使い捨てです。その時の最新の流行で変えればよろしい。1はその時の、自分のことを瞬間風速的に一番好きな人と付き合えばいい。でも、2は違う。2ははあちゅうさんが真面目に相手しないと、向こうも相手してくれないよ。


(中略)


はあちゅう 理論として聞くと「なるほど、その通りだ」と思います…(中略)…やっぱり罪悪感が乗っかってきて、こっちに対して申し訳ないなとか…(後略)…

岡田 1の人の包容力は、それを認めなきゃ駄目ですよ。

はあちゅう えーっ。そんな人居ますか? 男の人で。

岡田 うん。

はあちゅう すごいな。じゃあ、それ探さなきゃ駄目だわ。

岡田 そう? 1はそれだけでいいんです。言っておくけど、見た目とかそういうふうなものはここら辺でカバーされてるから。1で一番大事なのは何かっていうと、自分のことをメチャメチャ好きで包み込んでくれて…

(中略)


岡田 (前略)…だって、それやってるとずっと3人が維持できて、ことここから先、結婚とか恋愛に関しては悩みもなくて、実行すればいいだけになる。ここから先、それを運用すればいいだけになるから。で、繰り返すけど、1とか3はよりいいやつがあったら取り換えられるし。

はあちゅう 確かに。

岡田 だって、こいつがセフレなんだから、こいつとこいつは別に下手くそでもいいわけでしょう。

はあちゅう まあ、そっか。

岡田 すごい楽になるでしょう。分散できれば。

岡田 (前略)…問題は、この品質を上げ続けることができるかどうかが問題。

1番と3番を取り換えるたびに、前よりちょっとずついいやつにしないと、自分に情けなくなる。

3のやつなんて、イケメンなんて、3年とか5年ほっといたら禿げるかも分かんないし、腹出てくるかも分からないから、これを固定化させたら駄目だし、これと結婚なんかしても駄目だし。これは常にその時代の一番かっこいいやつでいい。

で、1はさっきも言ったように、瞬間最大風速的に自分を好きな人というふうに考えないと、ずっと自分を好きな人と居ると自分がおかしくなっちゃうの。誰かが自分を一方的に長期間好きなことというのがあると思ったらしんどい。せいぜい続いて3年。だから、こいつは2年か3年ごとに入れ替えたほうがいい。だからこそ2の関係を大事にする。

(中略)

岡田 2人だからすごいしんどいんですよ。これははあちゅうさんにも言っておきます。二股はしんどいです。三股はしんどくないです。二股は、どっちが自分の本当の気持ちなんだろうって考えるけど、三股は、家庭教師で生徒が3人居るのと同じです。みんな平等にって考えるだけです。


(中略)


岡田 だから、彼氏3人理論って理屈で聞いちゃ駄目なんです。このステップでやっていって、1人目を十分リアルに考えてから2人目、1人目と2人目が居る状態を過去の自分の経験の中で十分考えてから3人目とやって、他の人の話も聞いていくと、どんどんリアルになっていくんです。
(中略)

岡田    これからどうやって1人の彼氏を作るって考えたらしんどいんだって。

僕、香港最後の夜って呼んでるんですけど、香港最後の夜だと思うと何食べていいかすごい悩むでしょう。

だから、1人の彼氏を作ろうと思ったら、どうしようってすごい悩むんです。

でも、これから香港に2週間居ると思ったら、別に次のごはんがマクドナルドでもいいじゃないですか。それぐらいに基準を下げないとしんどいんです。

だから、彼氏を一度に3人やるっていうのは、1回彼氏がどんなんでもいいやっていうところまで下げてきて、できるだけ自分の身近で「よし、こいつと付き合ってみよう」っていうのを、身近の実例を頭の中で思い浮かぶまで、恋愛のハードルを下げ続けるんです。

(中略)

岡田 どんないい女でも、3人居れば自分のポジションどこかある。

例えば、僕がはあちゅうさんと付き合うとしたら、この中で狙えるポジションって1でしょう。ということは、すっごい誠実にはあちゅうさんだけ好きになって、すっごい好き好き好き好きって言ってたら、1は可能性としては狙えるんですよ。


でも、そうじゃない状態ではあちゅうさんが1とか2とか3とか考えてくれなくて、結婚相手とか彼氏とか新しい恋愛って言ってる時に僕が居て、「俺なんかどうですか?」って言っても、はあちゅうさんはお愛想言うだけなんですよ。

女の子が3も2もやってくれると、男はようやっと入る隙が出てくるんです。この女の子のどこだったら狙えるだろうかって考えるんです。そうやって、どんな女の人でも3人出せば、大体の男の人は入れる場所がちょっと出てくる。それでもは入れなかったら4番と5番でもいい。

つまり、あらゆる女に相手にされない非モテ男子よりも、ちょっといい女の子の3番4番5番ぐらいのポジションがあったほうがずっとましです。これが非モテ解決になるんですけどね。

増田 じゃあ、非モテ解決は女の意識から改革すべきですね。

岡田 女の人がはっきりと二股三股してるという現状を認めるところから始めます。そうすると、恋愛市場が急に増えるじゃないですか。両者幸せになります。

(中略)
岡田 男性のほうは、「こういう動きがあるので君たちは3番目か4番目の位置に入れ」と。「そこから1番目を狙え」と言ったほうがいいんです。つまり、どんな女の人でも、自分を一番好きになってくれる瞬間がある。その瞬間の時に自己アピールを欠かすなという、男の勝負どころが見えるんです。

岡田 結婚したら恋愛から引退できるなんて考えちゃ駄目。

はあちゅう それは私も思います。

岡田 結局結婚したら結婚したで、ずっと恋愛社会が続いちゃうから、女の人は今、結婚がすごいしんどいんです。結婚した後まで旦那さんが自分のことをずっと好きでいてくれる保証がないと、結婚に踏み切れないじゃないですか。

でも、結婚した男がどんなに浮気するのかは、自分が結婚してる男性とお付き合いしてると分かってくるわけですよね。どんなに奥さんのことが好きでも、男というのは7割ぐらいの率で浮気するというのが分かっちゃっているから。じゃあ、自分の好きな彼氏が浮気しないかどうかといったらすごい疑問ですよね。なぜかというと、浮気しない男というのは、大体浮気できない男だから。浮気もできない男だからしない。

増田 確かに。

はあちゅう 浮気しない男は浮気もできない。

岡田 ただ、自分が好きになるような男は浮気できる能力を持って(?いる)。で、その彼から浮気能力を封印するにはどうするか。どんどんしんどくなってくる。

はあちゅう 私はジャニーズを探す旅に出ます。

(以下省略。完)

 ーーーーーーーーーーーーーーー

ふいーっ・・・。

 

「2」以上の数は指使わないと整理出来ない超絶算数オンチの私は、途中から紙とペン持って、えっと1は男らしくて・・・えっと2は不倫で・・・と、足し算が出来ないアホな小学生かのように小声でぶつぶつぶつ読み解きましたよ。

なんなら友達に送る前に、確認のためにひとりでやった。

怖い顔してぶつぶつぶつぶつコックリさんか。

アラサーで今までそこそこ恋愛してたら、もうひとつひとつの失恋が重傷で、バツイチかバツ2くらいの心境にはなるじゃないですか。(わたしだけですか?そうですか)

 

元々わたしは岡田先生の『フロン』(妻のために、夫のために、そして子どもの幸せのために―家庭から夫をリストラせよ!という主張の本。妻は多数の依存先を作るべし)読者なので、その『フロン』からの文脈でいくと、自分にコレが有効かというより、腹落ちする内容ではあるんだよね。

「ひとりの人に全部求めるのはムリ」っていう主張は一貫している。

特に「香港最後の夜」には笑った。

 

フロン―結婚生活・19の絶対法則

フロン―結婚生活・19の絶対法則

 

 

ちなみにわたしは過去の記憶を掘り起し、手の指つかいながらしこしこ考えた結果、

1人目:私を大好きでいてくれる安心かつペースの合う彼

人目:刺激的で楽しい恋愛が出来る彼

人目:上記1、2の秘密も共有できる、気を遣わない話が合う親友のような彼

 

でした。

いやぁ、我ながらすげぇぇぇぇぇぇぇ都合いいなぁぁぁぁぁぁ。

自分の欲を分散させるためであっても、一番好きな人と一緒にいるために執着を薄めるためであっても、「依存先を増やす」というのは生物適応のカタチなので、生物として合理的かつ自然なことと言える。


数日前につぶやいた自分のツイートで、いまだにお気に入り登録してもらえるツイートなんだけど、

女の人は、手放しで自分を褒めてくれて受け入れてくれる人がいた方がいいと思う。絶対。それは彼氏じゃなくてもいい。女の人が受け取ることの出来る人で、男に根気があれば、ぬるっと付き合うものだし。」

っていうのがあって。

 

「 女の人は」ってかこっちゃって忍びないのだけど、やっぱそう思うものなのかなぁぁぁって、つぶやいた本人が思ったよ。

 「好きなら例えセックスレスでもいい!」「大事にされなてもいいっ!」って振り切れるのはそれは類稀なる才能やで。

アラサ―にもなると「そんな待ってる時間無いよ!」って思っちゃいがちだけど、対談によれば「結婚しても恋愛から引退出来ない」とのことなので、

・依存先を複数つくるなりして「自分の安定バランス」を作り、運用するスキル

・3,4番手から三河屋営業開始、プレゼンス上げていくスキル

 

は一生使える恋愛スキルなのかも。

 

ふぃー、なんか頭痛くなってきた。



長々書いてオチもナシなんて、ごめんなさいね。