アラサーOL クソ日誌。

~タイトルを付け間違えました~

仏(ほとけ)男子のススメ。

世のなか、誰と一緒になっても幸せになれる人は居る。

 

一方で、こだわりやクセが強く、パートナーを選びに選ぶ必要がある人(=わたし)も居る。

 

こだわりが強い、パートナーの言動が気になりやすい、傷つきやすく繊細。「重い女」「面倒な女」と、自分でも思っているかもしれない。

 

だけど自分を好きになってくれる人には「しっかりした、大人の女」を好む男ばかり。外面は気を張ってるから、まぁ自業自得なんだけどさ…。

 

付き合いはじめこそ順調だけど、こっちの感情のパンドラの箱が開いた瞬間に「そんな人だと思っていなかった」と突然振られる。

 

どんな人だと思ってたんだよっ!(涙)

 

または、何かと世話を焼きたくなるような男を好きになりやすいとか。最後は彼の幼さに振り回されるんだけどね…。

 

そんな感じで俗世の男性に疲れ、「もう恋愛をアガリたい…」と血反吐を吐いた貴女にオススメしたいのが、「仏(ほとけ)男子」である。

 

『恋哀広辞苑』(俺作)には、「仏(ほとけ)男子=懐が深く、情緒が安定しており、忍耐強い男性。パートナーに安心感と自己受容をもたらす。」と書いてある。

 

作家のアルテイシアさん(@artesia59)が提唱されている、ケツの穴の広い「アナルガバ夫」がまさにそれだ。

newstopics.jp

 

わたしが仏男子と初めてお付き合いしたのは、18歳の時。25歳まで7年半お付き合いした男性だ。

 

初めての彼が偶然「仏男子」。棚からぼた餅、超ビギナーズラックだった。

6年前の記事にも書いたのだけど、彼は常に寄り添ってくれ、受け入れてくれた。彼のおかげで、わたしは自分の感性や過去を徐々に肯定することが出来た。

だけど当時今よりさらにバカ作だったわたしは、それがどれだけ希少でありがたいことか分かっていなかった。


結局最後は、しょうもない喧嘩を吹っかけた延長線上で彼に振られ、別れてしまったのである。

 

当時、彼を失った喪失感はもちろん大きなものだったが、「長年付き合って、家族みたいになってたし。まだ恋愛したいし。」と失恋の傷に蓋をした。
「久々に恋愛市場に出れば、別の恋が待ってるんじゃないかな♪」なんて淡い期待も正直あった。

 

世間知らずなド畜生である。

 

それから今の夫と付き合うまでの6年間、坂道を転げ落ち、血反吐を吐きまくることなんて、予想だにしていなかったのだ…。

 

失恋後1年間喪に服した後、26歳から31歳まで、短命な恋愛を繰り返した。
そして失恋する度に、「もう失恋したくない。失恋が怖い…」と痛みにのたうち回っていた。

 

わたしは自分ことを、世の男性にもっと受け入れてもらえると思っていたし、自分自身も世の男性を、もっと受け入れることができると思っていた。

でも、それが出来なかった。

 

そんなこんなで坂道をズッタンバッタンと大げさに転げ落ち、血反吐を吐き散らかし、底をついた時に付き合ったのが今の夫だ。

 

夫は学生時代の同期で、14年来の友人。
特に親しくしていたわけではなく、卒業後は2年に1度くらいの頻度で、飲み会で一緒になる程度の仲であった。

 

そんなある飲み会で、久しぶりに再会した夫を見てピンときた。「こういう情緒の安定した、人として信頼できる男と付き合うべきや」と。

 

もちろんそんなこたぁ数年前から頭では分かっちゃいたのだが、底つきの勘と言うか、当時のわたしには神の啓示のように思えた。そしてその後、自分からデートに誘い、幸運にも付き合うことができた。

 

しかし自分からちょっかいを出したものの、長年の友人と恋愛関係になることに最初は戸惑った。シラフで居られなくて、自分だけ昼間からアルコールを入れていた。

 

だけど、だんだんと彼の安定した情緒と優しさに心地よさを覚えていき、友情のような穏やかな空気感のまま、付き合って半年で結婚を決めた。

 

入籍時、「これで恋愛の惚れた腫れたとは一旦おさらばか…」と一瞬思ったが(懲りねぇやつだな)、予想外に結婚後、日毎に夫を好きになっている。「人はありがたみでときめける」ことを知った。

 

特に実家に悩んできた人こそ、穏やかな仏と暮らしてみて欲しい。
こちらからすると、生活を共にする相手の情緒が安定していることなんて奇跡で、「ありがたみ」が半端ない。

 

365日毎朝毎晩、同じテンションで安心させてくれる。わたしのややこしく厄介な性格も、「そうじゃなかったら、きみじゃないよ」と受け入れてくれる。

 

夫と付き合う前は、「もっと自分が面倒な女じゃなかったら」とか「変わらなきゃ」と思っていた。

だけど今は、「きみの好きなところは、面白いところ」と言ってくれる夫とパートナーになれたことで、「こんな自分でよかった」と思えるようになった。

 

そんな仏男子推しのわたしだが、「仏男子なら誰でもOK。いつ付き合っても即幸せ」と言いたいわけじゃない。

仏男子と出会っても、「男性として見れなくて…」と悩む人も居るが、生理的に合わない人はしょうがない。

一生に数度あるかどうかの伴侶選びで、生理的観点を我慢する必要はないと思う。
その仏男子はきっと、ほかの誰かの愛しい人になるはずだ。

 

それに、仏男子に魅力を感じるかどうかは、こちらの感受性でも変わる。

以前は、「自分が何にときめくか」(わたしの場合は安心感)ということを、まだじゅうぶんに自己認識出来ていなかった。

あのタイミングで今の夫だったからこそ、カチッとハマったんだと思う。

 

あ、くれぐれも「最初だけ懐広く振舞う、エセ仏男子」にはお気をつけて…!恋愛初期のドーパミンで一時的に人格が変わっているだけなので…。

 

何を食べても大概美味しいと思える人も居るし、最初から好き嫌いがハッキリ分かっている人も居る。

だけど、いろいろ口にして「自分、思ったより偏食でした」と気づく人も居る。苦手な味を知らなきゃ、自分が何を美味しいと思うかも分からない。

 

血反吐を吐いて疲れたら、仏門に入ろう。

 

ピッタリとハマる仏男子がきっと居ると思う。