アラサーOL悲喜こもごも。

アラサーというかどんサー(30歳)OL。独身モラトリアムを謳歌するアラサーOLの日記です。

愛なんてクソくらえ、夏。

f:id:nyankichitter:20140701220255j:plain

※ 本文と写真は何の関係もありません。

 

アラサ―女子のための性愛コラムサイト『AM』というサイトがありまして

AM「アム」|非恋愛時代に未来はあるのだろうか

 

そこに「ファーレンハイトさん」という、「男女のモテをアジテーションする」脱力系ヤリチン(しかもイケメンだった・・・)コラムニストが寄稿されてるんですが、

【この方です】

https://twitter.com/fahrenheitize

 

そのファーさんがtwitterでこんなことをつぶやいていたの。

【ファーさん6月23日のつぶやき】

 

 

 

ふむふむふむ、これだね。

【人付き合いは「腹六分」で 美輪明宏さん】

人付き合いは「腹六分」で 美輪明宏さん アールグレイはいかが?/ウェブリブログ

 

 

「人間関係は腹6分でちょうど良い」そうわかっているはずなのに、人はその目分量を守らない。

守れない。

 

「目分量を守れない」ことのひとつに、

人は人との間に「関係性」を作ろうとし、名前をつけたがり、「関係性」に役割を望む(そしてそれは度が過ぎて、押し付けになる)

ことがあるんじゃないかと思う。

 

人と人を「点」と「点」のままで許さず、「点」を「関係性」という線でつなごうとし、そして「関係性」を理由に、相手に対して「こうあってほしい、あるべきだ」を望む。

 

本当は相手の愛らしいところ、いびつなところ、強さ弱さなど、その人独自に「感じる」ものがあって「もっと一緒に居たい」と思ったのに。

その時点で、その人は「点」であったはずなのに。

 

その人と自分(点と点)をへその緒のごとく当然のように一本の線で結び、その線に「恋人」「妻、旦那」「一番好きな人」「セカンド」「愛人」「親友」「パートナー」など、色んな「なまえ」を付ける。

というより、「なまえのない関係」に耐えられない。

「わたしたちっていったいどういう関係なの?」って。

 

「恋人、夫婦だったらこうあるべきでしょ」って。


 そしてその名前のある関係性を逆手にとって相手との線の太さ、強度を迫ったり試したりしてみなかったり。

  

わたし自身、昔はただ「恋されてる」ことを逆手にとって、相手に当然のように糸をくくりつけ、その強度を計ったり試したりしていた。

 

そして当時の彼はそんなわたしに疲れて、「もういいかな」って思ったんじゃないだろうか、と今になって思う。


彼が自分のことをすごい好きで居てくれるのはわかっているんだけど、でもそれ以上にわたしに疲れてもいた。

 

そしてそのしっぺ返しかのように、逆の立場にも立つことになった。

 

「惚れた弱み」というけれど、それはヒリヒリして、楽しくて、刺激的で、しかしとってっつっもっなっくっ疲弊するものだった(どんだけだよ)。

 

でも、それはわたしが彼との間に糸を結びたがって、そのを切れさせないように、維持したいがために勝手に振り回されていただけなのだ。

 

それは「愛」ではなく、「自己肯定の低い片想い」だったんだと思う。我ながら。

 

 

以前、相手の浮気だなんだで不安になって悩んでいる時、ある人に

「執着してるうちは、それは愛ではなくてただの恋だ」と言われたことがある。


「あなたのしてることは愛じゃないよ、ただの執着、恋だよ」と(バッサリだな)。


「相手を愛してあげなよ」って。

 

それを聞いて、あぁ相手と自分を腹の底から切り分けて考えられるようになって、はじめて執着から解放され、「愛する」ことが出来るのかなと思った。

 

だとすると、愛するということは「点」と「点」のまま居られる、存在しあえるということなのかなと考える。

 

そんなことをぐるぐると考えた挙句に、でもそんなこと考えなくたって、お互い線で結び合うことが「心地良い」と思えれば、それでいいんだろうな、とも思う。

 

周りを見ているところ、もっと自然にやきもち焼きあったり、信じ合ったり、支え合ったりしてるもの。

 

 

目分量を計り間違えると、大概の関係は破綻に向かう。

 

だけど目分量を間違えても許してもらえる、受け入れられる相手は居るんだろう。

そんな相手同士だから、「愛しあえる関係」が成り立つんだろうか。

 

わたしにも出来るようになるのかな。

今のわたしには果てしない難題である。

 

f:id:nyankichitter:20140701220234j:plain